2019年03月06日

上品かつえげつないブレ路線

horikawa
数年前からお世話になっている編集者さんと、お初な感じがしなかったデザイナーさんと三人で、神保町のアンティークなカフェで、ホラー小説の装画の打ち合わせをしてきました。以前、コンペのために描いた絵↑(実験的に描いた「ブレ」のある絵ですが全てアナログです)をお見せし、その他に今回のために自分で描いたものもご覧いただきましたが、「ブレ」のある方向性でいこう!ということになりました。新技法だったので楽しみです!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA