2019年04月15日

ホラー小説の装画の色校正がきた!

イラストレーター堀川友里

ホラー小説の装画のお仕事の色校正が送られてきました!
まだ発売前なので、詳細はヒミツですが、かなりコワーい装画を描きました。

先日の個展や、クリエイターEXPOのノリとは大分違うので、ショックを受ける方もいるのでは?と思って少し心配ではありますが…。
ですが、例えば俳優さんたちが善人役だけでなく、悪役やコメディアン役など色々な役をこなして芸の幅を拡げるように、私もかわいい、キレイだけではなく、もっと奥深い作品も描きたいと思っているので、ホラーやミステリーは今後もずっとやっていきたいお仕事です。とても面白いですし。

楽しいかわいいプラスな絵と、ホラーなマイナス?な絵を描くことで、プラスマイナスゼロになり、中庸な、フラットな場所に自分を置ける気もします。

ただ、俳優さんたちもおっしゃるように、その役(絵)になっているときは、そのテンションになってしまうので、ホラーを描いているときはその作家さんの感情が乗り移ってしまうのか、ホラーな気持ちにどうしてもなるのが少し困りますが…。

今週は企業カレンダーのかわいい感じのコンペのラフ締め切りなので、今はとってもかわいい気持ちでいます!悔いが残らないように妥協せずにガンバリます。


 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA